求人企業にアピールしたいこと

現在、求職中の人はもちろん、転職を考えている人にとって、新しい仕事に就くためには自分の希望する条件に合う仕事を選ぶことが大切です。 また、昨今は決して求職者にとって売り手市場ではありませんので(看護師のような一部職種を除く)、それと同時に、仕事に掛ける熱意を「求人企業にアピールすること」も必要だといえます。

 

「男女雇用均等法」の改正により、性別や年齢による雇用条件を設けることは、原則・禁止され、これまで、それらの制限に引っ掛かってきた人には大変ありがたいことです。 その反面、雇用される側も、都合のいいときだけ性別や年齢を引き合いにださないこと、さらには、公私混同しないなどの勤務態度も望まれます。

 

企業への採用試験として避けられないのが「面接試験」ですが、そのときは、自分の未経験分野や不得意な分野であっても、前向きな姿勢を示しましょう。 また、転職にともなう面接試験を受けるときは、前職、あるいは現職のマイナス評価につながる言動を避ける必要があります。

 

ここでは、求人企業にアピールしたいことのほんの一部ですが、「性別を感じさせないこと」「年齢を感じさせないこと」「公私混同しないこと」の3点についてまとめてみました。 収入を得て生活の糧にすることはもちろん基本中の基本ですが、新たな仕事を通じて自分を高めていくことも大切だといえます。

 

【特選情報】
・東京でのセミナー、説明会、試験会場などに便利な貸会議室の予約サイトです ⇒ 東京 貸会議室